イードのM&Aについて

M&AイードのM&Aについて

イードでは一緒に最高のメディア作りを楽しむ仲間を積極的に募集しています

お客様に価値を届け続ける企業へ

1990年代半ばからインターネットが世界的に普及し、その後のPCの低価格化やモバイルデバイスの多様化により、私たちを取り巻くメディア環境は急速に変化・発展してきました。株式会社イードでは、そんな時代に合った、人々のニーズに寄り添ったメディア事業、リサーチ事業、そしてECを中心としたテクノロジー事業の三つを核に事業展開しております。

特にメディア事業では、IT、自動車、教育、映画、ゲーム、アニメなど各分野に特化した21ジャンル51メディア(2018年3月現在)を運営し、月間でのべ約3,000万人以上(2018年3月現在)におよぶ方々にご利用いただいております。イードは事業と人の交差点、「梁山泊(優れた人物たちが集まる場所の例え)」でありたいと考え、各分野でNo.1を目指します。

会社のスパンを50年、100年と考えたとき、将来のビジネス環境や会社の形態がどうなっているかは誰にも予想できません。我々は100年たっても変わらないビジョン「We are the User Experience Company.」を企業理念とし、時代を超えて常にすべての人に最高の「ユーザー体験」を提供することを目標に邁進してまいります。

メディアビジネス成長のためのプラットフォーム

イードでは、長年のメディアビジネスで培ってきた経験やノウハウを凝縮したiid-CMP(コンテンツマーケティングプラットフォーム)を構築。主要なメディアをこのプラットフォームで運営することで、日々のメディア運営で発生するPDCAを高速に全社的に共有することを可能としています。

当社ではこれまでに41のメディアをM&A等で取得してきましたが(2018年3月現在)、このプラットフォームを活用することで、取得後の再成長を実現してきました。

数多くのジャンルのメディアの専門家が集い、メディアビジネス成長のための強力なプラットフォームを持つ当社グループで、メディアビジネスの新たな可能性を一緒に探っていこうとする仲間を積極的に求めています。

買収実績例

  • 株式会社絵本ナビ

    株式会社絵本ナビ

    株式会社絵本ナビでは、日本最大の絵本に関するポータルサイト「絵本ナビ」を運営するほか、PCやスマートフォン向けの世界初となる絵本の読み放題サービスを展開しています。買収年月:2015年5月
    買収金額:3億4419万円

  • ネイティブ株式会社

    ネイティブ株式会社

    ネイティブ株式会社では「大切な場所の価値を高めて、次の世代へ繋ぐ。」をミッションに、地方創生や地域活性の領域でのデジタルマーケティング支援やメディア運営を行っています。買収年月:2017年7月

  • マネーの達人(株式会社バリューメディア)

    マネーの達人(株式会社バリューメディア)

    「マネーの達人」は、200 人以上のマネー専門家・知識人が、保険、住宅、不動産、貯金、家計、節約、年金、税金、投資、相続、介護、葬儀など幅広い分野のマネースキルを学べるコラムやレポートを執筆するメディアです。買収年月:2017年12月

  • NewsCafe(株式会社ニュース・サービス・センター)

    NewsCafe(株式会社ニュース・サービス・センター)

    「NewsCafe」は社会、政治、経済、海外、芸能、スポーツ等の最新ニュースや、エンタメ情報や有名⼈インタビュー、各種ランキング、占いなど、幅広い情報が無料で楽しめるニュース&生活情報ポータルサイトです。買収年月:2016年6月

投資実績例

  • 株式会社ピースオブケイク

    株式会社ピースオブケイク

    ピースオブケイクでは「cakes」「note」というコンテンツプラットフォームを開発しています。プラットフォームのさらなる拡大に向け協業しています。出資年月:2017年1月

  • レイ・フロンティア株式会社

    レイ・フロンティア株式会社

    レイ・フロンティアは位置情報サービスを開発するテクノロジーカンパニーです。協業により人工知能(AI)技術を活用した自動車ビックデータ解析サービス『モビリティ・フロンティア』を提供しています。出資年月:2016年8月

Q&A

イードのM&A方針を教えてください
専門領域に特化したメディア運営を中心に、デジタルマーケティングの領域で業容を拡大していく方針で、M&Aについても積極的に実施していきます。
これまでのM&A実績を教えてください
当社ではこれまでに41件の大小様々なM&Aを実施してきましたので、円滑な事業の継承やその後のグロースなどのPMIについても多くの実績があります(2018年3月31日現在)。
社名やオフィスの統合についてはどのようにお考えでしょうか?
オフィスの統合については合理性があれば検討します。ブランドについては統合するよりも、引き継ぎながらカテゴリーキラーとなるブランドとして伸ばすことを重視しています。
もっと今の事業を成長させるためにご一緒したいです
当社では「梁山泊」というテーマを掲げ、様々な分野の専門家が集い、切磋琢磨しながら事業成長させていくことを重要視しています。さらなる事業成長のためのM&Aや出資についても前向きに考えております。
事業譲渡と株式譲渡はどちらが望ましいでしょうか?
いずれも実績があります。案件によってご相談できればと思います。
ロックアップは必須でしょうか?
交渉次第ですが、ロックアップなしの事例もあります。
買収先の経営陣がイードの役員として登用される可能性はありますか?
現状で実績はありませんが、今後検討しています。

まずはお問い合わせください!