イードのメディア運営支援について

イードのメディア運営支援についてメディア運営のためのプラットフォーム

デジタルメディアをビジネスにしたい方へ
コンテンツマーケティングを本格的に立ち上げたい方へ
イードのデジタルメディアにおける約20年間の経験とノウハウで全面サポートします

メディア会社によるメディア運営支援

イードでは約20年間に渡り、デジタルメディアの運営を行ってきました(2015年に東証マザーズ上場)。

当社では各業界の専門メディアを中心に、21ジャンル51のメディアを現在運営し、月間のべ3,000万人以上のユーザーに閲覧されています(2018年3月現在)。また、数多くの自社メディアを運営しきた経験やノウハウを生かして、大手上場企業、大手出版社、大手テレビ局などのデジタルマーケティング、デジタルコミュニケーションの支援を行っています。

現在、デジタルメディア支援やコンテンツマーケティング支援は様々な企業が取り組んでいますが、イードのメディア運営支援には、メディア企業が手がけるならではの3つの特徴があります

ポイント1成長のためのプラットフォームがある

メディア企業が、自分たちのやりたいことを実現するために作ったプラットフォーム「iid CMS」はメディアを作るための機能はもちろんのこと、メディアに携わる人達が真に生産的な業務に取り組めるような機能が実装されています。イードの主要メディアは「iid CMS」で運営されており、「iid CMS」自体も日々進化を続けています。

自動校正機能 投稿された記事に文章的な誤りがないかどうか自動的に検知します
盗用防止機能 投稿された記事が他のメディア等からの盗用ではないか自動的に危険度をランク付けします
プレビュー機能 投稿された記事がPC/スマートフォンでどのように見えるか、すぐに確認できます

イードが提供する、大手流通企業からEC専門企業まで多くのお客様に利用されている”進化するECプラットフォーム”「marbleASP」を活用することで、メディアとECの同時展開が可能です。メディアによるコンテキスト(文脈)作りと、ECの組み合わせは、メディアコマースとして近年注目を集めています。当社ではECプラットフォームを提供するだけでなく、オリジナル商品の企画開発から、物流、事務局機能の提供まで一気通貫でサポートいたします。

大手町のデータセンターに設置した自社クラウド環境は毎月1億PV以上のトラフィックを支えており、速報ニュースが流れた際の急激な増加にもビクともしません。

ポイント2コンテンツ作りもしっかりサポート

メディアを立ち上げるに当たっては、メディアコンセプトを定義し、どういったユーザーをターゲットとするか定め、どのようにコンテンツを制作するかという戦略を立てる必要があります。当社ではこの段階からチームに入り、サポートを行っていきます。また、本格的な編集部の立ち上げが必要であれば、定めたコンセプトに最適な編集者のアサインを行っていきます。

実際のコンテンツ制作に当たっては、自社メディア運営で活躍している500名以上の現役のプロのライターや編集者がコンテンツ制作に当たります

昨今、メディアにおける記事の信頼性が問われる事件が数多く報道されています。当社グループが運営する「プロクル for メディア」を通じて、フィナンシャルプランナー、司法書士、各種コンサルタント、弁護士、医者など1000名以上の専門家に記事執筆や監修を依頼することができ、信頼性の担保されたコンテンツ作りが可能です

さらに、「iid CMS」を利用することで、当社の運営しているメディアから瞬時に記事を取り込むことができます。当社で制作している毎月数千件の記事を、新たに立ち上げるメディアのコンテンツとして二次利用することが簡単にできます。また、ノアドット株式会社が運営する記事流通プラットフォーム「nor.」との連携も行っており、こちらで流通している記事を活用することもできます。

ポイント3メディア作りをコストからビジネスへ

イードのメディア運営支援では、短期・中長期的なコンテンツ編成、日々の記事掲載、ソーシャルメディア運用、データ分析などを行い、改善しながらメディアを運用していきます。しかし何より重要なのはメディアをお客様のビジネスに繋げることです。すなわち、メディア作りがコストであるという状態から、ビジネスに直結した状態になるということがゴールです。

お客様がメディアに求めるものは千差万別ですが、メディア自体の収益化を希望される場合には、広告枠の設計、広告代理店やクライアントへの営業サポート、アドネットワーク業者の選定や最適化、当社メディアとの連携商品開発、広告以外の収益化手段の模索、各種パートナーとの関係構築などメディア運営において収益化していくためのサポートを行ってまいります。

単体での収益化を望まない場合でも、ブランド構築、ユーザー集客、認知向上、などお客様の目的に合わせたメディア作りを一緒に行っていきます。まずはお気軽にお問合せください。

メディア運営支援へのお問合せ