専門メディアに記事広告を出稿すべき理由とは?

株式会社イードでは19ジャンル47メディア(*)にものぼるニュース・コンテンツメディアを運営しています。情報の1次ソースとして、読者はもちろんのことポータルサイトやニュースキュレーションメディアに記事を配信、尚且つサイトごとに高い専門性を持ったニュースを取り扱っていることが特徴です。

*2017年6月末現在

 

「自動車」(Response)「IT・ビジネス」(RBB TODAY)「教育」(ReseMom)「映画」(Cinemacafe.net)「ゲーム」(iNSIDE)など多岐に渡るジャンルについて情報をカバー、そのジャンルに強い興味を持つ読者に対し記事(ニュース)を届けています。

前回の専門メディアはどのようにマネタイズをしているのか?では、イードが運営する専門メディアを活用したプロモーションについてご紹介しましたが、今回はイードメディアが得意とする「記事広告(タイアップ広告)」のお話をお届けします。

記事広告(タイアップ広告)の魅力とは

アドネットワーク広告やアフィリエイト広告、リスティング広告などインターネットを活用したマーケティング手法はさまざまなソリューションが溢れています。しかしながら配信単価や獲得単価の効率が良い手法ばかりを打ち続けているといつしかターゲットユーザーの「刈り取り」や「リーチ」が難しくなり、やがて枯渇へと向かっていきます。

*1 出所:情報通信政策研究所調査研究部(平成23年8月)、Gartner, IDC Strategy Analytics, Machina Research, etc.
*2 出所:THE OVER SATURATED LANDSCAPE(https://www.pinterest.com/pin/466404105130822946/)

また、バナー広告や短いテキストを活用した広告では企業が発信したいメッセージを伝えきることも難しく、世の中はインターネットの発展やSNSの発展に伴い、数多くの情報で溢れ返っています。

そんななか文章や画像、動画を加えながら、読者に対しきちんとしたメッセージを伝えることができる「記事広告(タイアップ広告)」への注目が高まっています。企業がメッセージを届けたい読者に対して詳しい情報を発信できることはもちろんのこと、ブランドやプロダクトが持つストーリーやバックグランドなどをきちんと伝えることで、サービスや商材の理解促進や態度変容を促すことができます。

日々100本以上の記事配信を行っているイードならではの制作力

イードでは、19ジャンル47サイト以上を自社で運営しており、日々ニュースやオリジナルコンテンツを発信しています。各サイトごとに「読者が何を求めているのか」「どういったメッセージを打ち出せば読者に刺さるのか」といった部分を試行錯誤しており、数多くの記事コンテンツ制作ノウハウを保有しています。

記事広告(タイアップ広告)の肝は、読者にきちんと「自分ごと化」してもらえるかという点になります。企業が自社ホームページなどでコンテンツを制作するパターンもあるかと思いますが、どうしても「ヒトリヨガリ」なメッセージの打ち出し方になりがちです。読者と企業の間に「メディア」ならではの視点でイードが入ることにより「読者が知りたいこと」「企業が伝えたいこと」をうまくバランスをとり、双方にとってメリットのある企画を実施することが可能です。

教育メディアタイアップメニュー

「メディア」という第三者視点での安心感

「ステルスマーケティング」「フェイクニュース」というキーワードをよく聞くかと思いますが、手軽に情報にアクセスできるようになった分、インターネット上にある記事は玉石混交です。そのような背景も加わり、読者が記事を見る目は非常に厳しくなってきており「自分に関係ない情報」「怪しい記事」などは視界に入れてもらうことができません。一方で新聞社や雑誌社などの歴史やブランドがあるメディアに掲載されるニュースは読者に「信頼できる」と支持をしてもらえる傾向があります。イードも同様に長年に渡り1次情報メディアとして日々ニュースを配信していることで、読者に信頼され、固定の読者も数多くいます。

また企業からの一方的なメッセージではなく、メディア主体で情報発信を行うことで「第三者視点」を付与することができ、より読者からの信頼を得ることができます。

自動車メディアタイアップメニュー

専門メディアだからこその企画力

専門メディアを数多く運営するイードでは、そのジャンルに造詣の深い編集・ライターが数多くいます。熱量の高い書き手や編集がいることで、ジャンル内でのマーケットの盛り上がりやその商品の本当の魅力を適切に読者に届けることが可能です。

ハードコアゲーマー向けサイトのタイアップ事例

また商品力だけでなくシーンに合わせた訴求や、時には「BUZZ」を意識したエッジの効いた企画などさまざまな形で記事制作をすることができます。最近では、「テキスト+画像」の形ではなく、動画を交えたタイアップ企画や360度動画やVR動画を用いたタイアップ、マンガを活用した企画などさまざまな形で工夫を凝らし、読者により良い商品やサービスをお届けるするお手伝いをしています。

まとめ

  • 日々100本以上の記事配信を行っているイードならではの制作力

  • 「メディア」という第三者視点での安心感

  • 専門メディアだからこその企画力

専門メディアに記事広告を出稿すべき理由とは?の今回はイードの専門メディアを活用したプロモーションについてご紹介しました。次回は、イードが運営する専門メディアの各領域(ジャンル)についてお話する予定です。

<書き手:メディア事業本部 副本部長/デジタルマーケティング部 部長 森 元行>