イード・アワード2018「子ども英語教材」結果発表

 教育情報サイト「リセマム(https://resemom.jp/)」は、子ども向け英語教材(通信教材・市販教材)の顧客満足度調査を実施し、イード・アワード2018「子ども英語教材」を発表いたしました。

イード・アワード2018「子ども英語教材」

 リセマムでは、未就学児(0~6歳)および小学生の保護者を対象に英語教材に関する満足度調査を実施。お子さまの英語教材について「子どもの気に入り度合い」「継続のしやすさ」「効果」「コストパフォーマンス」および「総合満足度」を5段階で評価いただきました。

イード・アワード2018「子ども英語教材」の結果発表ページはこちら

調査概要

  • 調査期間:2018年3月7日(水)〜2018年3月22日(木)
  • 調査対象:3か月以上継続して英語教材(通信含む)を受講している未就学児(0〜6歳)・小学生のお子さまをもつ保護者
  • 有効回答数:612
  • 調査方法:株式会社イードが運営するアンケートサイト「あんぱら」および外部協力パネルによるインターネット調査

リセマムについて

 「リセマム」は、未就学児・小学生・中学生・高校生の保護者を主な対象に、小学校受験・中学受験・高校受験・大学受験・英語教育・教育ICT・教育イベント・プログラミング教育など教育情報を中心に提供。また、株式会社イードのリサーチ部門との連携により、教育等に関する各種調査を実施しております。

サイト責任者からのコメント

 2020年に小学校で完全実施される新学習指導要領では3年生からの外国語活動の必修化、5年生からの英語教科化が盛り込まれていることから、未就学児、小学生の保護者の英語教育への関心は急速に高まっています。英語教育の早期化が進むなか、英語教材も多様化し、子どもの学習スタイルの幅が広がりました。

 満足度と同時に調査した「英語教材を選んだ理由(複数回答可)」としては、38.9%が「ブランド力」と回答。これに「口コミ」(31.0%)、「教材の質」(29.2%)、「価格」(27.1%)が続き、1年前に実施した調査から順位に違いはありませんでした。

結果発表