映画レビューサイト「coco」の事業を取得 「シネマカフェ」と連携し、映画ユーザー向けマーケティングを強化

イードは、studio Usagi株式会社の運営する映画レビューサイト「coco」(http://coco.to)の事業を取得し運営を開始しました。

映画レビューサイト「coco」

coco」は2010年2月にサービスを開始した映画レビューサイトで、映画ファンによる投稿や、Twitterでのつぶやきから、公開中の映画の生の声を収集、数値化しランキングとして公開しています。これまでに約2万7000作品、約100万件のレビューを収集している、国内最大規模の映画レビューサイトです。

映画情報メディア「シネマカフェ」との連携

イードでは映画情報メディア「シネマカフェ」(https://www.cinemacafe.net/)を運営し、劇場公開の映画作品、成長著しい動画配信サービスで配信される動画作品、テレビドラマなど生活を豊かにしてくれる映像作品全般についての最新情報を発信しています。 ここに「coco」の保有する国内最大規模の映画レビューを連携することで、作品への出会いから、評価までの一連の流れを一気通貫で提供して参ります。

また、イードが運営するメディア全てに導入されているDMP(Data Management Platform:データ マネジメント プラットフォーム)を「coco」にも導入し、「シネマカフェ」とのデータレベルでの連携を開始し、映像作品を楽しむユーザーに対するマーケティング機能の強化を図って参ります。

サイト責任者からのコメント

近年「失敗しないもの・コト選び」という観点と需要は、時間に限りのある生活者にとって、当たり前の光景となっています。それは、映画も同様です。

毎月、劇場で新作映画を鑑賞するようなプレミアムユーザーのレビューとSNSのつぶやきを元に、独自のランキングや満足度指数など映画ファンに対して「観るべき映画」の指標を作り出してきたCOCO。

イードグループにジョインし、女性向け映画・エンターテインメントメディア「シネマカフェ」とのデータ連携や相互のコンテンツを掛け合わせた、新しく効果的なマーケティング企画を開発・推進していくとともに、ユーザーに対しても映画や映像との良質な出会いの場や価値の提供を今後とも継続していきます。