「格安SIMアワード2018上半期」結果発表

自社で運営するアンケートサイト「あんぱら」および協力パネルのユーザーを対象に格安SIMサービスの満足度調査を実施し、『格安SIMアワード2018上半期』を発表致しました。なお、急拡大する格安SIM市場の状況をより正確に捉えるために、上半期と下半期の2回に分けてアワードを発表しました。

格安SIMアワード

〜「UQmobile」が総合満足度と通信速度で最優秀!
コストパフォーマンス部門で「NifMo」、ブランドイメージ部門で「OCNモバイルONE」、サポート部門で「mineo」がそれぞれ最優秀を受賞

『格安SIMアワード』では、アンケートサイト「あんぱら」および協力パネルユーザーへのアンケートによって利用者満足度の高い格安SIMサービスを選出しました。「通信速度」「コストパフォーマンス」「ブランドイメージ」「利用サポート」「総合満足度」の5部門について評価しています。

運営担当者からのコメント

認知度が徐々に広がっている格安SIM。年々競合も激しくなっているジャンルであるため年2回に分けて調査を実施しています。今回発表のアワードは2018年上半期の満足度を表彰するものです。総合部門で最優秀のUQmobileは、2017年下半期も最優秀を獲得し支持を集めているようです。

調査の結果

調査の結果、2018年上半期は「総合満足度」において、UQコミュニケーションズ株式会社が提供する「UQmobile(ユーキューモバイル)」が最優秀を獲得しました。次点となる優秀賞には合同会社DMM.comの「DMM mobile(ディーエムエムモバイル)」が選出されています。

「総合満足度」で前回に続き最優秀となった「UQmobile」は、「通信速度」部門においても最優秀を獲得しています。「通信速度」部門の次点、優秀賞はソフトバンク株式会社の「Y!mobile(ワイモバイル)」が受賞しています。

自分が払っている費用に対して満足度が得られているかという「コストパフォーマンス」部門においてはニフティ株式会社の「NifMo(ニフモ)」が最優秀、株式会社ケイ・オプティコム「mineo(マイネオ)」が優秀賞となりました。

そのほか、「ブランドイメージ」部門の最優秀賞は、株式会社NTTコミュニケーションズの「OCNモバイルONE(オーシーエヌモバイルワン)」、優秀賞は「NifMo」。「利用サポート」部門の最優秀賞は「mineo」が受賞。同部門の優秀賞はLINEモバイル株式会社の「LINEモバイル」となりました。

調査方法

調査期間:2018年6月8日(金)〜6月21日(木)
調査対象:格安SIMカードの購入・利用者
調査方法:インターネット調査
・株式会社イードが運営するアンケートサイト「あんぱら」および協力パネルへの配信
有効回答数:格安SIM利用者(現在利用中):2,170サンプル
ウエイトバック:総回収数の性年代構成比を総務省統計局年齢5歳階級別人口に合わせてウエイトバック

調査結果レポートについて

今回の調査結果についてまとめたレポートを販売いたします。レポートには回答者の属性データ(年齢・性別)、音声機能の有無や契約料金別にみた満足度、複数回線の使い分け方など、より詳細に調査結果を分析・記載しています。レポートに関する質問およびご購入に関しましては、こちらよりご所属・ご連絡先を明記の上お問い合わせください。

格安SIMアワード 2018上半期調査レポート
200,000円(税別)